ツール・ド・ホヅ  '11.10.16

 

恒例秋のOBランは前回同様嵐山です。

いつも通り背割集合して出発!

 

の筈が、いつもの奴が来ません。

OBたるモノ、社会人の一員としてスケジュール通りに

動けないとは何事だぁ〜!!!

 

ということで、もうほっといて出発しようぜ・・・・

 

なんて言いつつ写真を撮ってもらってると

黄色いゴキブリみたいな車に乗った奴が爆音轟かせて

やってきましたよ。。。問題児だ。

で奴を交えて再度出発前写真を!

今日のメンバーの紹介。

 

上から

I川先生、K浦さん、T中、F井、N村となりました。

今日はいつものH野氏は風邪で休み。

 

なんだかメンバーが固定してきたな。

N村君よりも若いメンバーを是非勧誘しよう!

 

さぁ出発ですが、一応目的地は保津峡としておきます。

 

・・・一応です。

 

一部では嵐山で良いんじゃないか?っていう

悪魔の囁きに似た声も聞こえますがね。

 

基本的には河川敷を北上する簡単明快なコースなので

ちんたらと走ります。

あれ?直ぐに嵐山着。

まぁこのメンバーならば直ぐですね。

 

さてどうする?保津峡へ行く?とか何とか

押し問答を5分ほどして、保津峡行きが決定。

 

しかし良い天気ですな。

チャリはこんな天気の日に乗るのがベストです。

OBならなおさら。

 

そういえば道中JR高架下界隈の河川敷が綺麗に整備

し直されてました。

確か昔は畑が一杯あった所か?見通しが良くなって

更に走りやすくなったのも早く着いた要因ですかね?

なので嵐山の繁華街を通り抜けます。

人力車遅いなぁ〜、人多い!

 

荒電前の道路は北行き一通なので、チャリで来ても

走りやすくて良いですね。

 

まぁ時々逆走の車もありますが。

お土産や等を眺めつつロードに乗って

ヘルメットを被る変な集団。

 

次回は思い切って、この辺のコじゃれたカフェにでも

カツカツ言わせながら入ってみますか?

右に左に人をかわしつつ、入り組んだ道路を抜けつつ

一路六丁峠へ。

湧き水が道路一面に流れ落ちてて嫌ですね。

ぱっと見れば川上りに見えなくもない水量ですが

必死こいて登ります。

 

 

今回唯一の20インチ小径車のK浦さん。

小径でもさすが早いですね。

 

しかしよく見ればバイクフライデー撓んでません?

もっとよく見ればスペシャのサドルが撓んでましたが

 

お構いなしにガシガシ登ってきます。

最後尾はI川先生と私T中。

いや〜疲れましたね。とか言いつつ最後尾です。

手を挙げてる暇があったら、もっと気張って登ってこいよ。

六丁一番登りはN村君。

カッコつけてガッツポーズなんて取ってますが、

その先に居るチャリの人は?

 

君はその人の後?追いつかなかったのか?

 

その人が乗ってるのはママチャリだけど・・・・・

 

まぁまぁ。OBなんてそんなモンですよ。

10分くらいで全員集合。

登ってみれば大した坂ではないかな?

皆さん余裕だし。

 

六丁からは快適に下って直ぐに保津峡。

なんだかやけに直ぐに着いたぞ。

大昔に来たときにはたいそうな山越えだったような

気もしたんだけどね。

 

橋から下を眺めてると大賑わいの川下りの船。

みんなで手でも振ってみましたが、楽しかったですな。

 

そういえば現役の頃はこの川で泳いだかも。

あの辺の岩場でピーク1で何か作ってたような・・・

なんて昔話も盛り上がります。

駅のホームにある狸で記念撮影会。

折り返しですが、やっぱり大したことはなかったか。

 

余裕の面々です。

少し腹が減ってきた様な。

 

早く嵐山に戻って飯にしよう!

 

とその前に、あの六丁峠を登り返ししなきゃな。

結構ブレーキかけて下ったよねぇ。大丈夫?

 

そんなくだらん会話をしてると・・

ガッシャーン!!!って。

 

あらら、誰かのチャリが下に落ちた?

って戻ってみると。

 

アレー!!!!私のロードだけが倒れてます。

しかも新調した7900ヂュラのSTIが、カーボンレバーが。

 

と思いましたが大丈夫でした。

 

帰りの六丁登り。

クルクル回しながら登る分には大して疲れないと

思うんですが、頑張ると途端に足に来て疲れます。

 

と言うわけで皆ヒーコラ言いながらの登坂。

今日一番の厳しい登り。

 

 

先行のN村君を追います、この位の登りならば

もう一枚落としてこうやって踏めば・・・

 

なんて頭で考えつつも亀の如く。

とうとう最後まで追いつきませんでしたね。残念

ゲキサカを登るF井君とI川先生。

あれ?やたらと余裕じゃないですかね。

 

頂上はね、一仕事終えた社会人のたまり場って感じ。

もう今日は終わった感じ満載な雰囲気ですな。

 

あー後はこの坂を下れば嵐山の繁華街です。

なんだか山を越えて下ってくると下界に降りた感じ。

I川先生御用達の豆腐屋さんへ今回も寄りました。

で渡月橋を渡って、I川先生お勧めのカフェへ。  カフェ?

↑着いたカフェ。サイクリストというかポタリング対象かな?店員のお姉さんもオシャレです。

そんなオシャレなカフェに、レーパン5人組はお構いなし。

まぁもちろん、そんなに騒いだりしませんよ〜当然。

 

ただ格好は少しおかしな感じ。

 

あ、若干一名は店内なのにグラサンかけて

おかしな感じを更に助長。次から厳重注意だな。

今回のOBランの昼食。

まぁ!!!なんとオサレな食べ物でしょうか。

とてもサイクリング部の食べる食べ物とは思えませんな。

 

コレで足りるか?とか思いましたが

そこはOBのおじさん連中。コレで十分でしたよ。

帰りはダラダラ・・・・と思いきや結構なスピードで

帰ってきました。皆さん調子良かったんでしょうか?

 

嵐山コースって走りにくいですよね。。。

色んな速度の乗り物や人やらがごった返しているので

当然ですが。

 

もうちょっと走りやすいコースも考えましょうかね。

とお早い(3時位)帰宅。

特に疲れるわけでもなく、楽しい走りでしたね。

マシントラブルも今回無し。

 

現役の頃は誰かパンクとか色々とあった気がしますが。

ロードって壊れやすいなぁ・・・という印象でしたが。

 

最近はパンクもしないし。乗り方が良いのか?

道が良くなったのか?

と言うわけで背割到着。

今回も和やかなサイクリングが宜しかったようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO